熊本学園大学
学術文化部 地域連携センター

〒862-8680
熊本市中央区大江2丁目 5番 1号

  • TEL096-364-5161(代)
  • FAX096-366-3158

公開講座「DOがくもん」DO GAKUMON

高齢化社会の進展、社会の成熟化に伴い、地域に開かれた高等教育の場としての大学の役割は年々高まりをみせています。こうした社会状況を背景に、1992(平成4)年度からスタートした「DOがくもん」の開講により、生涯教育を担う高等教育機関として地域社会に貢献してきました。熊本日日新聞社との共催により、毎年実施する「DOがくもん」は、第一線で活躍する各界のエキスパート・著名人を講師に迎えます。その道の第一人者ならではの視点と体験から語られる内容は、広く親しまれ、多くの支持を得ています。

DOがくもん(2019年度)

第27期「DOがくもん」第3回講演会

日時
令和元年12月7日(土)午後2時~3時半 / 受付 午後1時~
テーマ
夫婦のトリセツ ~脳科学から見える男心と女心の違い~
講師
黒川 伊保子(くろかわ いほこ)氏
人工知能研究者・株式会社感性リサーチ代表取締役

1959年長野県生まれ。奈良女子大学理学部卒業後、人工知能(AI)エンジニアを経て、2003年に㈱感性リサーチを設立。ことばの潜在脳効果の数値化に成功し、数多くの商品名の感性分析に貢献した。脳の研究からくりだされる男女脳のおかしくも哀しいすれ違いを描いた随筆や恋愛論、脳機能から見た子育て指南本、語感の秘密をひも解く著作も人気を博している。2018年に刊行した「妻のトリセツ」が40万部を超えるベストセラーになり、講演活動のほかテレビやラジオ、雑誌などにも多数出演。近著に「ことばのトリセツ」(インターナショナル新書)「妻語を学ぶ」(幻冬舎新書)「共感障害『話が通じない』の正体」(新潮社)「定年夫婦のトリセツ」(SB新書)「ヒトは7年で脱皮する~近未来を予測する脳科学」(朝日新書)など多数。

第27期「DOがくもん」第2回講演会

日時
令和元年10月5日(土)午後2時~3時半 / 受付 午後1時~
テーマ
愛すべき“ざんねんないきもの”と進化
講師
今泉 忠明(いまいずみ ただあき)氏
動物学者(生態学、分類学)

1944年東京都生まれ。東京水産大学(現・東京海洋大学)卒業後、国立科学博物館で哺乳類の分類学・生態学を学ぶ。文部省(現・文部科学省)の国際生物学事業計画(IBP)調査、環境庁(現・環境省)のイリオモテヤマネコの生態調査などに参加。上野動物園の動物解説員、静岡県の「ねこの博物館」館長などを経て、現在は奥多摩や富士山の自然調査に取り組んでいる。監修を務めた児童書「ざんねんないきもの事典」シリーズ」(高橋書店)がベストセラーとなり、講演活動やテレビ出演なども多い。著書に「ねこの幸せいぬの幸せ」(素朴社)「ペンギンはなぜ燕尾服を着ているのか~動物おもしろ不思議雑学」(PHP文庫)「動物たちのウンコロジー」(明治書院)など多数。

第27期「DOがくもん」第1回講演会

日時
令和元年6月29日(土)午後2時~3時半 / 受付 午後1時~
テーマ
お金と暮らしと未来の話 ~人生100年時代を考える~
講師
荻原 博子(おぎわら ひろこ)氏
経済ジャーナリスト

1954年生まれ。経済事務所勤務後、1982年からフリーの経済ジャーナリストとして、新聞・経済誌などに連載。
女性では珍しく骨太な記事を書くことで話題となり、1988年、女性誌hanako(マガジンハウス)の創刊と同時に同誌で女性向けの経済・マネー記事を連載。難しい経済やお金の仕組みを、生活に根ざしてわかりやすく解説し、以降、経済だけでなくマネー分野の記事も数多く手がけ、ビジネスマンから主婦に至るまで幅広い層に支持されている。
新聞、雑誌等の連載やテレビのコメンテーターとしても活躍中。主な著書に「定年前後『お金』の裏ワザ」(SB新書)「払ってはいけない」(新潮社)など多数。

© Kumamoto Gakuen University Office of Academic Research and Educational Outreach. vAll Rights Reserved.